【-HOME-BACK-】

フォームに時間を表示
このスクリプトは閲覧しいるPCから時間を取得するので、PCの時間が狂っているとおかしくなります。ソースABCをコピーしてください。ソースはA,B,Cとあるので全て指定の場所にコピーしてください。
  • ソースAは<head>から</head>の間にコピー
  • ソースBは<body>を書きかえる
  • ソースCは<body>から</body>の好きな場所にコピー
サンプル
ソースA
<SCRIPT>
<!--
function func() {
dd = new Date();
year = dd.getYear(); if (year < 2000) year += 1900;
mon = dd.getMonth() + 1; if (mon < 10) mon = "0" + mon;
date = dd.getDate(); if (date < 10) date = "0" + date;
hour = dd.getHours(); if (hour < 10) hour = "0" + hour;
min = dd.getMinutes(); if (min < 10) min = "0" + min;
sec = dd.getSeconds(); if (sec < 10) sec = "0" + sec;
document.form1.text1.value =
year + "/" + mon + "/" + date + " " +
hour + ":" + min + ":" + sec;
setTimeout("func()", 1000);
}
// -->
</SCRIPT>
ソースB
<body>のところに、onLoad="func()" と追加して下さい

<body onLoad="func()">

ソースC
時計を表示させるソース
<body>から</body>のお好きなところにコピー

<FORM NAME=form1> <INPUT TYPE=text NAME=text1> </FORM>