【-HOME-BACK-】

画像を自動的に動かす
ソースAは<head>から</head>にコピーして下さい。
ソースBは<body>の直後を書き換えて下さい。
ソースCは画像を表示させたい場所にコピー

変更箇所はソースCの画像のURLです。

サンプル


ソースA
<STYLE TYPE="text/css">
<!--
.abs { position:absolute; }
-->
</STYLE>
<SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">
<!--
var delta = 10;
function func() {
if (document.all) {
document.all.E1.style.posLeft += delta; left = document.all.E1.style.posLeft;
} else if (document.layers) {
document.layers["N1"].left += delta; left = document.layers["N1"].left;
} else { return; } if ((left < 10) || (200 < left)) { delta = -delta;
} window.setTimeout("func()", 100);
}
// -->
</SCRIPT>
ソースB
<BODY>にonLoad="func()"を追加して下さい

<BODY onLoad="func()">

ソースC
<ILAYER ID="N1">
<IMG ID="E1" SRC="画像のURL" CLASS=abs>
</ILAYER>