ドキュメントタイプの記述<!DOCTYPE>

HOME > HTML > ドキュメントタイプの記述 <!DOCTYPE>


構文 サポート
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "〜"> H2〜N3〜e2〜

■説明

正当なHTML文書では、その文書がHTMLのどのバージョンで書かれたかを宣言することを進められています。この場合完全にバージョンに対する記述をしなければなりません。良くわからない場合は逆にこの宣伝を書かないほうが良いでしょう。

この情報はは<html>はじめに記述します。

■記述<!DOCTYPE HTML PUBLIC "〜">

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.0 Transitional//EN"
    "http://www.w3.org/TR/REC-html40/loose.dtd">

<html>
<head>
<title> </title>
</head>
<body>
</body>
</html>

■表示結果

●●のホームページ - Microsoft Internet Explorer
ファイル(F) 編集(E)
ここの本文には何も表示されません。


■バージョン別記述

HTML3.2 の場合

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 3.2 Final//EN">

HTML4.01 Strict の場合

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN"
"http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">

HTML4.01 Transitional の場合

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN"
"http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">

HTML4.01 Frameset の場合

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN"
"http://www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd">

[HOME]