HTMLの注意点

HOME > HTML > HTMLの注意点

■ ページ作成と更新(再編集)の仕方

HTMLで作成する場合、エディタ(文字を編集するソフト)が必要になります。Windows(ウィンドウズ)の場合は、「メモ帳やワードパット」などが標準装備しています。

■ メモ帳やワードパットの出し方

■ ページを作成したら保存

ファイル(F)→名前を付けて保存(A)→ファイル名(N)に名前を書いて保存します。

保存先は、ホームページ用に新規で作ったフォルダです。これから作成するファイル名は必ず「英数半角」で記入して下さい。トップページを保存の場合はファイル名を「index.html」または「index.htm」としてください。それ以外のぺーじの保存名は「英数半角」あればなんでもいいです。そのかわり。スペースは使わないほうがいいです。ぺージの拡張子は必ずhtmlhtmにして下さい。

■ ページを更新、変更したら上書き保存

すでにあるページを更新(リニューアル)したい場合、そのページを呼び出して更新します。更新が終わったら「上書き保存」しましょう。この場合前回のページの上から保存になるので、十分注意しましょうね。

ファイル(F)→上書き保存(S)で保存されます。

パスについて

フルパスと相対パス(パスの指定)

<a><img>タグを使用する時にurlの指定があります。

■ フルパス

目的のアドレス(URL)を、http://から全て記入することです。
【例】<a href="http://siriasu.s10.xrea.com/">siriasu.net</a>
  <img src="http://siriasu.s10.xrea.com/img/banner.gif">

■ 相対パス

全く別のサイトにリンクする場合はフルパスで記入しますが、同じサイト(フォルダ)の場合フルパスを指定しなくても、リンクするファイル名のみを記述します。

【例】<a href="xxx.htm">xxxのページ</a>

ただし、フォルダが別に存在する時はフォルダ名から記述します。この場合リンクするファイルが上にあるか下にあるかで記述方法が変わってきます。

【構成図例】
(HP用フォルダ)
| | |
| | ├ index.html【1】
| | |
| | └ menu.html【2】
| | 
| └ (dairy)
|    |
|    └ dairy.htm【3】

(img)
  |
  └ img.gif【4】

仮に上記のような構成図になっているとします。

ファイルの場所 表記 表記例
同じ場所 ファイル名のみ menu.htm
1つ下 フォルダ名/ファイル名 home/top.htm
1つ上 ../ファイル名 ../menu.htm
2つ下 フォルダ名/フォルダ名/ファイル名 aaa/bbb/ccc.htm
2つ上 ../../ファイル名 ../../bbb.htm

どうしてもうまくいかない方はフルパスで記入しましょう。

サポート状況の記号について

各ページにあるHTMLサポート状況の記号は省略しています。サポート状況と言うのは、各HTMLがどのハージョンなのか、どのブラウザが対応しているかを書いてあります。

■ 見本

タグ サポート
<タグ> e2 e3
N2
H2〜

■ 説明

e2 e3は、Internet Explorer 2と3のみ使用可能ということ。
N2は、Netscape Navigator 2.0のみ使用可能ということ。
「H2〜」は、HTML2.0から上ということ。

■ 記号の意味

記号 意味
e2 Internet Explorer 2
e3 Internet Explorer 3
e4 Internet Explorer 4
e5 Internet Explorer 5
e6 Internet Explorer 6
N2 Netscape Navigator 2.0
N3 Netscape Navigator 3.0
N4 Netscape Communicator 4.0
N6 Netscape 6
H2 HTML2.0
H3 HTML3.2
H4 HTML4.0
? わからないもの
属性値ついて

各タグにある属性値です。

属性値 意味
url http://から始まるURLなどのパスを指定
name 任意の名前など(タグによって異なる)
n 数値のこと(0〜)や%など
color 色を指定
left 左寄せなど
center 中央
right 右寄せなど
top 上に
bottom 下に
■ HTML(タグ)のルール

タグの書き方にはルールがあります。HTML基本記述を見て気づいた人もいるかもしれませんが、タグは「<」「>」でかこまれた英数字になります。<HTML>や<BODY>など

タグは基本的に半角(1バイト)の英数字で記述しましょう。大文字、小文字はどちらでもいいので自分が見てわかりやすいほうに。してください。

タグには開始と終了タグがあります。

終了タグはスラッシュ【/】がつきます。例えば<HTML>で始まり</HTML>で終わる。この中に入っているの内容(要素)が一つのグループとなります。

開始タグ例 終了タグ例
<html> </html>
<head> </head>
<body> </body>

終了タグがないものもある

タグによっては終了タグが無いものもあります。たとえば<br>タグは改行で使うので要素を</>ではさむことがないです。その場合終了タグははぶかれます。

終了タグのいらないもの

<br><hr><wbr><basefont>など


HOME