CGIでカウンター設置

HOME > CGI設置 > CGIでカウンター設置

■ はじめに

KENTさんCGIスプリクト利用規定をよく読んでからCGIを設置して下さい

■ カウンターの設置

■機能
今日、昨日の表示ができるシンプルカウンターです。画像はフリー素材コーナーのものを使用しています。

■サンプル

累計
今日 昨日
■ CGI をダウンロードしよう

まず、CGIをダウンロードしてください。

daycountをダウンロード

■ daycountを解凍して下さい

■ダウンロードしたファイルを解凍する

上記でダウンロードしたファイルをLhasa32(推薦)で解凍します。すでに圧縮・解凍ツールなどをお持ちの方は、それをお使いいただいても結構です。 解凍したらdaycountフォルダがが出てきます。その中に必要なファイルが入っています。(下記を参照)

daycount
(daycount)
 ├ daycount.cgi
 ├ daycount.dat
 ├ gifcat.pl
 ├ (gif1) 0.gif, 1.gif, ..... 9.gif
 └ (gif2) 0.gif, 1.gif, ..... 9.gif
■ CGIファイルを書き換える

daycount.cgiテキストエディターワードパットやメモ帳など)で開いて 決められた場所を書き換えてください。他にも変更個所はありますが それは慣れてからでいいでしょう。書き換えが終了したら上書き保存してください。

  • ワードパット( スタート→プログラム→アクセサリ→ワードパット)
  • メモ帳    ( スタート→プログラム→アクセサリ→メモ帳 )
  • 変更箇所
    #!/user/local/bin/perl
    • プロバイダーで決められたperlを指定します
    • #!/user/local/bin/rerl か #!/user/bin/perl が代表的ですが、これもプロバイダーによって異なります。

    # 総カウント数の桁数を指定
    $digit1 = 5;

    # 本/昨日カウント数の桁数を指定
    $digit2 = 3;

    # IPアドレスの二重カウントチェック
    # 0 : チェックしない
    # 1 : チェックする
    $ip_check = 1;

    ■ 転送先にフォルダを作り、その中にdaycountを転送する

    ■フォルダの作成

    index.htmlと同じ場所(ここでは public_html )にcgiを置くためのフォルダー cgi-bin )を作ります。public_htmlがない場合でも同じです、index.htmlがある場所に(cgi-bin)と言う名で作ってください。しかしプロバイダーによっては(cgi-bin)のフォルダがいらない(不用または禁止されている)場合があります。わからない人はプロバイダーに聞いてみて下さい。

    ■ファイルの転送

    1. FFFTP接続後、右の画面で「右クリック→フォルダ作成(K)」で新しいフォルダができます。
    2. フォルダ名は(cgi-bin)にして下さい
    3. (public_html) の中に index.html などがある
    4. index.html と同じ場所に (cgi-bin)と名前を付けてフォルダを作る
    5. (cgi-bin)の中に (daycount)を丸ごと転送する
    ディレクトリー構成図例

    (publc_html)--- index.html
            |
            └ (cgi-bin)-(daycount)--+ daycount.cgi
                                ├ daycount.dat
                               ├ gifcat.pl
                               ├ (gif1) 0.gif, 1.gif, ..... 9.gif
                               └ (gif2) 0.gif, 1.gif, ..... 9.gif

    cgi-binフォルダが必要じゃない(禁止している場合など)

    ディレクトリー構成図例2

    (publc_html)--- index.html
            |
            └ (daycount)--+ daycount.cgi
                         ├ daycount.dat
                         ├ gifcat.pl
                         ├ (gif1) 0.gif, 1.gif, ..... 9.gif
                         └ (gif2) 0.gif, 1.gif, ..... 9.gif
    ■ 転送したファイルの属性の変更

    ■属性の変更

    ファイルを転送したたけではCGIは起動しません。転送したファイルのアクセス権(属性)を変更して下さい。アクセス権はプロバイダーによって異なりますので、お使いのプロバイダーを調べてみてください。

    属性変更の仕方(FFFTPの使い方)

    ■アクセス権 (パーミッション)を設定します。

    一般的なアクセス権
    daycount.cgi 755
    daycount.dat 666
    gifcat.pl 644
    その他 変更なし
    ■ 最後に

    ■チェック
    属性変更が終わればCGIをしてチェック見ましょう。後ろに「?check」をつけてください。

      例) http://あなたのホームページ/cgi-bin/daycount/daycount.cgi?check

    ■表示させる
    チェックに問題がなければ表示したいページにタグを記述しましょう。

    記述例
    総カウント数    <img src="パスを指定/daycount/daycount.cgi?gif">
    今日のカウント数 <img src="パスを指定/daycount/daycount.cgi?today">
    昨日のカウント数 <img src="パスを指定/daycount/daycount.cgi?yes">

    パスがわからない場合は、http://から指定してください。
    記述例
    総カウント数    <img src="http://あなたのホームページ/daycount/daycount.cgi?gif">
    今日のカウント数 <img src="http://あなたのホームページ/daycount/daycount.cgi?today">
    昨日のカウント数 <img src="http://あなたのホームページ/daycount/daycount.cgi?yes">

    設置が無事完了すれば、このように表示されます。

    累計
    今日 昨日
    ■ 画像の変更

    画像を変更したい場合は、素材屋さんでお好きな画像を用意し、それぞれを「0.gif〜9.gif」と言う名前で保存します。保存した画像を、それぞれ(gif1)と(gif2)の中に転送してください。

    (gif1)の中は、総カウントの画像
    (gif2)の中は、今日、昨日の画像

    ■ カウンターの数値を途中から開始

    カウンターの数値を途中から開始したい場合は、daycount.dat をエディタで開いてください。

    例:24<>0<>36<>36<><>

    4番目の数字が、総カウント数です。こちらを変更したい数値にしてから上書き保存をし、再度アップロードしましょう。


    [HOME]

    Click Here! Click Here!