検索窓の使い方

HOME > 検索窓の使い方

このページの最終更新日2009/12/28

■ はじめに

パソコンを始めたはかりの人は、まずわからないことがあれば友達や誰かに聞くでしょう。その方法が一番手っ取り早く解決しやすいでしょうが、いつまでも人に聞いてばかりも良くありません。相手も忙しい時間をさいて教えてくれるのです。

インターネットの世界には検索窓と言う便利な物があります。検索窓を使えば、さまざまな情報を調べることが可能で、大体の探し物は見つかるでしょう。初めは誰もが使い方を知りません。ここでは基本的な検索窓の使い方を説明していきます。

■ 検索窓とは

検索窓とは指定した言語やキーワードから、インターネット上にあるホームページの文字を検索し、その言語やキーワードを含み適合率の高い順で表示、または検索条件順に表示するものです。

Internet Explorerの場合、上部に左図のようなボタンがあります。クリックすればブラウザの左側に検索窓が表示されます。

Yahoo-Googleなどの検索エンジンにある検索窓も同じです。

■ なにを探していますか?

今なにを調べたいか、なるべく具体的に考えて下さい。

例:HTMLで画像が表示されない
■ キーワードして分ける

上記例のような長い文章だと検索に一致しにくいのでキーワードどして分割してみましょう。

例:HTML 画像 表示 されない
■ 検索してみる

分割したキーワードをスペースで区切り、検索窓に入力し検索ボタンを押す。

■ しぼりこむ

あまりにも沢山の検索結果が表示されると全てのページを見るのは困難です。そこでキーワードを更に追加してページをしぼりこんでみましょう。

例:ホームページ作り HTML 画像 表示 されない
■ 検索条件

検索窓の高度なテクニックとして orand があり。or は一つ以上のキーワードを含めば検索結果に表示され、and は、全てのキーワードを含めば検索結果に表示されます。その他高度な検索テクニックは、下記の検索オプションを参考にして下さい。

■ その他

Windows xpで、パソコン内のフォルダやファイルの検索するには?

スタート→で、検索メニューが表示されます。