作成の前に

HOME > ホームページ作成 >作成の前に

このページの最終更新日2003/7/8

■ フォルダの作成

これから作るホームページのデータを、「ホームページ用」として保存(保管)するフォルダを作成します。ホームページ用に作成したファイル画像、写真、音楽などファイルは、すべて同じフォルダに保存します。

■フォルダの作り方
デスクトップやマイドキュメントの中(任意)で、右クリック→新規作成(N)→フォルダ(F) で新しいフォルダができます(下図)フォルダの名前はわかりやすい名前にして下さい。(例、MyHomePage)
←このようなアイコンがフォルダです。うまくできましたか?

フォルダは新規で作ったので中は空っぽです。今からその中に作成ホームページのデータや素材を入れていきますので、フォルダを作った場所は忘れないようにして下さい。

■ 拡張子の表示

ホームページを作成する時、ページファイル、画像ファイル、音楽ファイルなどファイルの種類を判別しやすくするために「拡張子」を表示しておきましょう。

ファイルの拡張子とは
ファイル名の端末につける、ファイルの種類を表す文字列。ファイルの種類を識別するために付ける目印のようなものです。ファイル名とファイルの拡張子の間は【 . 】(ドット)で区切るのが決まりです。

表示方法
現在画面には、デスクトップが表示されています。
これからファイル名の端末に拡張子が表示されるように、パソコンの設定を変更してみましょう。

WIndows98の場合
1.デスクトップの【マイコンピューター】をダブルクリック
2.マイコンピューターの画面がでたら、上にある表示(V)からフォルダオプションを選択
3.フォルダオプションの画面がでたら、表示を選択
4.表示の中に 詳細設定と出てきてるはずです
5.その中の【登録されてるファイルの拡張子は表示しない】にチェックが付いていたらはずしてください
6.最後にOKをクリックして完了。

Windows ME XPの場合
1.デスクトップの【マイコンピューター】をダブルクリック
2.ツール(T)→フォルダオプション(O)
3.フォルダオプションの画面がでたら、表示をクリック
4.その中の【登録されてるファイルの拡張子は表示しない】にチェックが付いていたらはずしてください
5.最後にOKをクリックして完了。

■ ファイル名の決まり

メールに添付したり、私的に保存しているファイルなどのファイル名は「例:私の顔.jpgや、僕の車.gif」などと拡張子が間違っていなければで問題ないのですが、ホームページに使用するファイル名には決まりがあります。

■ファイル名の決まり
英数半角を使用すること、ファイル名にスペースを入れないこと、「/」 「:」 「;」 「?」 「<」 「>」 「,」 「"」 「!」 などの記号は使わない、ファイル名に拡張子をつける、ファイル名は基本的に途中変更しない

■大文字と小文字
ファイル名に使う英数半角の大文字と小文字ですが、これはローカル側(パソコン内)では同じもと判断されますが、サーバ側(インターネットの世界)では別のファイルと認識されます。大文字小文字を使用するのも良いですが、基本的に全て小文字か頭文字だけ大文字にするのが良いと思われます。

ファイル名を途中変更した場合、リンクしていたファイルが存在しないことになります。この場合リンク先の修正が必要になり面倒なので、途中変更はお勧めできません。(^^ゞ

■ index.htmlの意味

ホームページに訪ねると最初に表示するページが「トップページ」です。そのトップページの名前にするのが「index.html」または「index.htm」と決まっています。これはサーバが自動的にトップページを判断するためのお約束です。

ホームページのアドレスはhttp://www.ne.jp/homepage/と最後に「〜.htm」などとファイル名はついていません、これはhtmlのファイル名を指定ではなく「省略」されています。この省略をできるファイル名が「index.html」「index.htm」なのです。例えばトップページのファイル名を「top.html」としてしまうと、アドレスは「http://www.ne.jp/homepage/top.html」となり省略されません。ページを清潔するためにもトップページのファイル名は「index.html」または「index.htm」としましょう。

■ テキストエディタの用意

HTMLで作成する場合、テキストエディタ(文字を編集するソフト)が必要になります。Windowsの場合メモ帳やワードパットが標準付属されています。

Windowsの場合
→プログラム→アクセサリ→メモ帳またはワードパット

ここから先はWindowsでのメモ帳を使用した解説になりますが、他のエディタなどでも基本的に同じ使い方になっていると思います。これから何をするかを良く考えれば違うエディタを使用してもわかるはずです。


★えっ?【ホームページ】がそんなに簡単に作れちゃうの?! Click Here!