ドキュメント(document)

HOME > JavaScript > ドキュメント(document)


■プログラミング開始、定番「Hello World!!」

まずは簡単なものから始めてみます。ページに「Hello World」と表示させてみましょう。document(ドキュメント)は主にページに文字を出力したり、サブウィンドウに結果を表示する場合に使用します。

■ソース
<body>と</body>の間に記述しても表示されますが、ここではページ読みこみ前の<head>に記述してみましょう。

<html>
<head>
<title>Hello World</title>
</head>
<script language="JavaScript">
<!--
document.write("
Hello World");
//-->
</script>

<body>
</body>
</html>

■表示結果
Hello Worldの部分が実際に表示されます。

Hello World - Microsoft Internet Explorer
ファイル(F) 編集(E)
Hello World

■タイトルを表示(title)

titleは、ウィンドウタイトルを表示します。

■ソース
<body>と</body>の間に記述

<html>
<head>
<title>ドキュメント</title>
</head>
<body>
ページタイトルは、
<script language="JavaScript">
<!--
document.write(
document.title);
//-->
</script>

です。
</body>
</html>

■表示結果

ページタイトルは、です。

■ドメイン名を表示(domain)

domainは、ドメイン名を返します。

■ソース
<body>と</body>の間に記述

<html>
<head>
<title>ドキュメント</title>
</head>
<body>
あなたのドメイン名は、
<script language="JavaScript">
<!--
document.write(
document.domain);
//-->
</script>
です。
</body>
</html>

■表示結果

あなたのドメイン名は、です。

■以前のページURLを表示(referrer)

referrerは、現在のページに来る前のページURLを表示します。しかしお気に入りからの移動や、直接アドレスを指定した場合表示されないバージョンのブラウザがあります。

■ソース
<body>と</body>の間に記述

<html>
<head>
<title>ドキュメント</title>
</head>
<body>
以前のURLは、
<script language="JavaScript">
<!--
document.write(
document.referrer);
//-->
</script>

です。
</body>
</html>

■表示結果

以前のURLは、http://siriasu.s10.xrea.com/javascript/javascript.htmです。

■最終更新日を表示(lastModified)

lastMonifiedは、このページの文書が更新された日付を返します。

■ソース
<body>と</body>の間に記述

<html>
<head>
<title>ドキュメント</title>
</head>
<body>
このページの最終更新日は、
<script language="JavaScript">
<!--
document.write(
document.lastModified);
//-->
</script>

です。
</body>
</html>

■表示結果

このぺーじの最終更新日は、です。

HOME